【薄毛タイプ別】女性のための育毛剤ランキングヘッダー画像

プロペシアに含まれるフィナステリドってどんな成分?-働きと副作用・危険性-

AGAの治療薬として厚生労働省から認められているただ1つの医薬品で、飲むタイプの育毛剤「プロペシア」があります。口コミやテレビCMなどで広がり、AGA治療薬として広く認知されてきましたが、プロペシアには「フィナステリド」という成分が含まれているのが特徴です。男性の薄毛は男性ホルモンのテストステロンが過剰に分泌されることが原因なのですが、これらは5α還元酵素Ⅱ型の働きにより、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。実はこのジヒドロテストステロンは、通称「悪玉男性ホルモン」と呼ばれるほど、人体に悪影響を及ぼし、毛乳頭細胞に入り込んで発毛を抑制してしまうのです。そこで、この発毛抑制にブレーキをかけるのがフィナステリドであり、5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻止する、つまり脱毛抑止剤なのです。ですから、プロペシアを服用することで抜け毛の進行を妨げ、ヘアサイクルを正常化し、毛髪の状態を改善してくれる効果が期待できます。

 

また、副作用に関しては、報告されているものでは重篤なものはなく、割合としては全体の5%以下。内容は、男性機能の低下、性欲の減退など性に関するものがほとんどです。ただし、プロペシアには、薄毛の人が最も望んでいる発毛効果はなく、服用をやめれば当然また脱毛が始まりますので、飲み続けなければなりません。さらに妊娠中の女性、または妊娠の可能性がある女性は薬剤を触っただけでも、体内に吸収されて悪影響を及ぼすといわれていますので、取り扱いには細心の注意が必要です。

フィナステリドは女性でも使えるの?

フェナステリドは、特に男子の胎児に対して、生殖器異常をもたらす危険があることから、妊娠中の女性が服用することはもちろん、触ることさえ禁止されています。触っただけでも、何らかの原因で皮膚から体内に吸収されることもありますので、取り扱いには十分な注意が必要なのです。ただし妊娠していないからといって女性が使用できるわけではないのです。フィナステリドは、妊娠の可能性の有無にかかわらず、女性は使用を禁じられています。現在のところ、女性の薄毛用の内服薬として唯一有効性が認められているのが「パントガール」であり、ドイツではすでに認可されており、目立つ副作用もないようです。パントガールにはフィナステリドは配合されていませんが、プロペシア同様、抜け毛が減るという効果が期待できるといわれています。