【薄毛タイプ別】女性のための育毛剤ランキングヘッダー画像

産後の抜け毛「分娩後脱毛症」はなぜ起こるの?

女性特有の薄毛として出産後に見られるのが分娩後脱毛症です。女性は妊娠後期に入ると「エストロゲン」という女性ホルモンが増加することで、髪の成長期が長くなり、抜け毛が一時的に減少します。けれども、いざ出産してしまうと、女性ホルモンの分泌が通常に戻るため、それまで成長期だった髪が一気に退行期から休止期に入り、抜け毛が増加するのです。出産を経験した女性ならわかると思いますが、シャンプーのたびにかなりの抜け毛があるので、心配になる人も多いようです。ただし、この産後の抜け毛は一過性のもので放っておいても半年から1年以内には治まってくるのが一般的といわれています。

 

育毛剤等で対策するときには、できるだけ頭皮や髪に優しい、無添加などの安全性の高いもので、女性用育毛剤がおすすめです。